進んでいくグローバル化

1990年代から急速に世界はグローバル化へと進んでいきました。その要因と考えられるのが、技術の進化と社会主義の崩壊です。人が移動しなくとも情報を交換できる技術が開発され、現在ではインターネットへと進化しています。また、社会主義を主張してきた国が崩壊したことにより、世界中を人や物が行き来するようになりました。この二つの要因からグローバル化が進んだと考えられています。では、グローバル化によってどのよなメリットがあるのか、一緒に確認していきましょう。

グローバル化によって起こるメリット

技術や文化が更に発展する

先程紹介したように、グローバル化は技術や文化が変わることにより進みました。それが更に進むことが考えられます。常に最新の情報が手に入るので、グローバル化することにより、新しい文化や技術が生まれていくでしょう。最近では仮想通貨のブロックチェーンなどが新たな技術といえるでしょう。

生産性が上がる

グローバル化が進むことにより、好きな場所でものづくりを行なうことができるようになります。そうすることで、生産コストの安い地域でも製品を作るなど、生産性が上がります。

金融的安定を保てる

金融危機が起こってしまった場合、大きさによっては、その国だけで解決できないような問題になってしまうことも考えられます。そういった時に、グローバル化が進んでいることにより、他国への協力を求めることが可能になります。それにより、金融的安定を保つことができます。

雇用が促進される

好きな場所で働けるようになることで、自分がほんとに働きたい場所で働くようになります。日本でも外国人従業員を見かけることが多くなりました。これは、グローバル化が進んだことによって普通になっています。人材が足りない場所に働きたい人がいくことにより、雇用が促進されることになります。

【人間VSツール】どちらが多言語翻訳に適しているか比較

婦人

企業のグローバル化

グローバル化に対応していくのは、国や個人だけでなく、企業も同じです。企業は、国内だけで商品を売るだけでなく、海外を市場取り入れることにより、売上を伸ばしていくことができるでしょう。海外へ市場を広げていくためには、自社製品やサービスの魅力を外国語で伝えなければいけません。また、全て英会話オンリーの会議を行なう場合もあります。そのような場合は、会議記録も翻訳が必要になるでしょう。

多言語翻訳をする

ひとつの国だけでなく、さまざまな国に対応するために、多言語翻訳が必要になるでしょう。多言語翻訳をするために、個人の力じゃ難しいです。なので、翻訳会社を利用するといいでしょう。翻訳することを専門としている業者がいます。現在は、さまざまな翻訳ツールが開発されていますが、まだまだ不完全です。不自然な外国語を使っていては、自社製品の魅力は伝わらないでしょう。ここから、更に詳しく比較していくので、見て行きましょう。

ツールを利用した翻訳と人が行なった翻訳の違い

ツールを利用した翻訳のメリット・デメリット

ツールを利用することで、翻訳するスピードが圧倒的に早いです。また、翻訳にかかるコストも安く済むでしょう。ですが、その分人が翻訳した時に比べるとまだまだ、不自然な翻訳になることがあります。長い文章を機械に翻訳させてみるとそれが分かるでしょう。

人が行なった翻訳のメリット・デメリット

人が翻訳することにより、機械やツールにはない丁寧で自然な文章の翻訳することができます。大事な資料や自社製品のプレゼンに使う資料は絶対に間違った翻訳をしてはいけないので、人に翻訳してもらった方がいいでしょう。人間が行なう分時間と費用は多く消費してしまいます。しかし、英語で録音された音源をテープ起こしする際などは、人が翻訳をした方が正しく翻訳することができます。